本文へ移動

職員の声

東遠学園で働く先輩達

RSS(別ウィンドウで開きます) 

東遠地区生活支援センター 相談部所属

2020-06-24
薩川 敦 (日本福祉大卒)

私は相談支援専門員という仕事をしています。主に乳幼児や学齢(小学生や中学生)のお子さんの担当をしています。仕事内容は、発達が心配なお子さんや障害を持っているお子さんが地域で生活する上で安心して支援を受けられる環境を作ったり、福祉サービスを利用するための調整をしたりしています。会議や面接、家庭訪問が多い仕事で、ご家族や本人と話をしたり、時には一緒に遊んだりもしています。成長を応援しながら、途切れない支援を意識しています。悩むこともありますが、子どもたちが笑顔で過ごしている場面に出会えると悩みも喜びに変わります。また、支援関係者と一緒に話し合うことで様々な発見があり、色々な人とも繋がるため、私自身の成長にも繋がっています!

東遠学園 青年部 所属

2020-06-24
平口 泰之(大東文化大学卒)
社会福祉士資格取得にあたり、東遠学園にて相談援助実習をさせて頂いた縁で働くことになりました。
現在、青年部入所支援で生活支援員として働いています。青年部で生活する利用者の皆様の生活全般を支援することが仕事です。
利用者支援にはチームワークが必要です。支援に迷ったり、上手くいかないときには、一緒に働く仲間と支援方法について考えたり、頼れる上司からの適切な助言を頂くことで、自信を持って仕事できることが大きな魅力です。
これからも、利用者の皆様の日々の生活がより豊かな良いものになるように支援していきたいと思います。

こども発達センター みなみめばえ 所属

2020-06-24
平藤 汐里 (常葉大学卒)
こんにちは。私の職場はみなみめばえ外来です。親子通園、並行通園の療育と、発達相談員をやっています。親子で向き合い活動を楽しんでいる姿、子ども達のキラキラした笑顔や「先生できたよ~」という声に元気をもらい、私自身も毎日楽しく療育をすることができています。また、発達検査を通して一人ひとりの発達段階を知り、発達上の特性を理解することで、それぞれの子どもに合った支援方法を職員同士で意見を出し合ったり、保護者の方と共有し、お子さんについて一緒に考えていくことができます。
学生時代に学んできたことを活かせることはもちろん、現場だからこそ得られる新たな知識をたくさん吸収することができます。日々勉強の毎日ですが、とてもやりがいを感じられる仕事だと思っています。

東遠学園 児童部 所属

2020-06-24
坂本 和輝(静岡県立短大卒)

私が在籍している児童部では、知的障害や自閉症などの子ども達の支援を行なっています。平日は学校に行く準備や、着替えや入浴などの日常生活動作の支援、また休日にはグラウンドで思いっきり体を動かしたり、コンビニに好きなおやつを買い物に行ったりしています。

 学校であった嬉しかった事や、こんなことができるようになったよ!と話しかけてくれる子ども達の元気な姿や喜んでいる姿を見ると自分のことのように嬉しくなります。子ども達の成長や成功をするという経験を一緒に達成できるという事、大切な日々を一緒に過ごせるということに、とてもやりがいを感じます!

こども発達センター めばえ 所属

2020-06-24
杉田 菜緒 (静岡福祉大学卒)
めばえでは、毎日通園で登園してくる子どもたちを迎え入れ、制作や感触あそび、サーキットなど、様々な活動を行っています。どうしたら子どもたちに興味を持ってもらえるか、より楽しんでもらえるか、試行錯誤の毎日です。
泣いたり笑ったり怒ったり、いつも全力の子どもたち。みんなのおもしろい発想やかわいい言動に、ワクワクしたり癒されたりします。子どもたちとの毎日は楽しくて、とてもやりがいを感じています。
TOPへ戻る